飲みやすい青汁とは ( joadmin posted on 2月 7th, 2014 )

多くの人が青汁を知るきっかけになったのは恐らくTVのバラエティ番組等で罰ゲームとして飲まれている様子からかと思います。従来の青汁は含有栄養量こそ豊富で健康にも良いものでしたが、お世辞にも美味しいとは言い難く主原料であるケールの持つ独特の青臭さと渋みは苦手な人にとって不味かったのも確かでしょう。そんな青汁ですが昨今は製法や原料に改善が加えられ、段階的に美味しくそして飲みやすいものになっていると言います。


増えた主原料のバリエーション

青汁が敬遠されていた原因の大部分は主原料であるケールの味にあるとされています。ケールは非常に栄養価の高い野菜の王様ではありますがまず飲み続けられないのでは意味がありません。そこで最近では大麦若葉や明日葉といった緑葉野菜を主成分にした商品が登場しています。これらは確かに若干ケールと比べた場合栄養価は劣りますが、ケールの持つ独特の臭みや苦味が無く、だいぶあっさりとしており飲みやすいと言います。


青汁の形状にも変化が

また青汁といえばやっぱりケールでしょう!みたいな方にも朗報です。最近だとケールの飲みにくさを改善する為に様々な形状の商品が登場しています。例えばゼリー状で何処でも楽に摂取できる商品や、錠剤になっておりサプリ感覚で摂る事ができる商品なども登場しており、殆ど臭みや苦味を感じる事なく飲み続けられるといいます。

COMMENTS: No Comments »

Categories: 青汁

top